サーファーズハウス / ガレージハウス / アメリカンハウス

Home » ガレージハウス » ガレージハウスを建てるなら悩ましい虫対策は必須

ガレージハウスを建てるなら悩ましい虫対策は必須

ガレージハウスのガレージには外部からいろいろなものが入ってきます。立地によってはやたら虫が入ってくることもあり、必要に応じて対策を講じるべきでしょう。

ガレージハウスには虫が侵入してくることも

ガレージハウスのガレージ内には、愛車を出し入れすることにより、外部から砂や埃、葉っぱなど様々なものが入ってきます。ガレージハウスが公園に隣接していたり、雑木林や畑などが近くにあると、虫がやたらと侵入してくるケースも珍しくありません。
特に、ビルトインガレージのような居住スペースとガレージがつながっているタイプの住宅の場合、ガレージを侵入経路として、居住スペースまで虫の侵入を許してしまいがちです。
ガレージハウスに入ってくる虫は、アリやダンゴムシ、クモなどの害がないものや、毛虫やムカデなど実害があるものまで様々です。
ガレージ内に入られるだけでなく、場合によっては愛車に住み着いてしまう可能性もありますので、ガレージの中でやたらと虫を見かける場合は、何らかの対策を講じる必要があると言えるでしょう。
虫がガレージハウス内に入ってくるのには理由があるので、しっかりと原因を取り除き、侵入を許さないようにしたいものです。

ガレージハウスの有効な虫対策

ガレージハウスのガレージ内に虫が入ってくるのは、侵入経路があるからです。基本的に、虫はシャッターや扉など入り口の隙間から入ってきます。
小さな虫の侵入を止めることはできませんが、物理的にできるだけ隙間をふさぐことによって、埃や大きな虫の侵入を減らすことが可能です。
また、ガレージ内の湿度が高いと、虫も多く出やすいです。なので、ガレージが湿気やすい場合、換気できる環境を整えるなどの対策が有効になります。湿気は虫以上に愛車に悪影響を及ぼします。
他にも、ガレージ内に余計なものを置かないのも有効です。ガレージハウスのガレージは趣味の空間でもあるため、いろいろとこだわりの品をおきたくなってしまいます。
ですが、ものが多いとそれだけ虫が隠れられるスペースを作ることになるので、不要なものは置かないようにすることも重要です。
虫が多く出る場合、防虫剤を使うという選択もあります。ただ、愛車をとめたまま防虫剤を使うと、愛車に虫が逃げてくる可能性があるので、外に出した状態で使うほうが良いです。
ガレージハウスの立地によっては、虫の侵入を完全に止めることが難しい場合もありますが、可能な範囲で対策を行って、被害をおさえるように心がけたいものです。