サーファーズハウス / ガレージハウス / アメリカンハウス

Home » GARAGE HACK » ガレージハウスでのガレージジムはコスパが高い

ガレージハウスでのガレージジムはコスパが高い

ガレージハウスの余ったスペースをホームジムに活用するというケースは多いです。ガレージジムは大してお金をかけずに得られるメリットが多いため、ガレージハウス活用法のひとつとしておすすめ度が高いです。

ガレージハウスにジムを作るメリット

ガレージハウス内のガレージで、比較的スペースが余っている場合、そこにトレーニング器具を入れることで、ガレージジムを簡単に作ることができます。
トレーニング器具は簡単なものであれば、ダンベルとベンチがあれば成立します。畳二畳くらいのスペースがあれば、基本的なトレーニングを行うことができ、非常にコストパフォーマンスが高いです。
より本格的に鍛えるのであれば、バーベルシャフトやパワーラック、セーフティバーなどを必要に応じて購入することになります。バーベルやパワーラックはそれなりにスペースを取りますので、事前にサイズなどをチェックしておいて、ガレージにおさまりきるか計算しておく必要があります。
本格的なトレーニング器具をガレージに導入すれば、ジムなどに通う時間を節約することができます。頻繁に通っていると、移動のための時間も軽視できなくなるので、ガレージハウスのこの部分のメリットは想像以上に大きいと言えるでしょう。

ガレージハウスジムに必要なコスト

ガレージハウスの一角にトレーニング器具を置いている人は多いですが、そのためのコストは意外と安く済みます。
ダンベルとベンチだけであれば、2~3万円で一通りそろえることができますし、バーベルも2~3万円である程度の重量をそろえることが可能です。パワーラックは高いので、余裕がある場合だけで十分でしょう。
トレーニングに必要な器具を一通りそろえるには、5~10万円もあれば十分ですので、かなり安く済ませられます。ジムに毎月通うと1万円近い出費となりますので、自宅がガレージハウスなら、ガレージジムにしてしまうのもかなり良いと言えるでしょう。
ただ、ガレージハウスのジムは、ガレージ特有の環境を考慮しつつ活用する必要があります。ガレージ内はその構造から夏は暑く、冬は冷え込みやすいです。そのため、快適に過ごせるように工夫する必要が出てきます。
夏場は熱がこもって熱くなりやすいので扇風機があると便利ですし、冬場はストーブなどで暖をとれるようにすると快適です。特に、冬場のガレージハウスではシャッターの隙間から冷気が侵入しやすいので、この部分をしっかりとふさぐようにするなどの工夫はかなり有効です。

CATEGORY :