サーファーズハウス / ガレージハウス / アメリカンハウス

Home » ガレージハウス » ガレージハウスが湿気に弱い主な原因と対策

ガレージハウスが湿気に弱い主な原因と対策

ガレージハウスのガレージは密閉空間のため、空気がこもりやすいという特徴があります。ガレージが湿気やすいと様々な悪影響が生じるため、しっかりと対策を行う必要があります。

ガレージハウスのガレージが湿気やすい原因

ガレージハウスのガレージは密閉性が高いため、湿気などもこもってしまいがちです。

地域や立地にも左右されますが、湿気やすいガレージハウスだと、ガレージ内の金属製品に錆が生じやすくなったり、棚や道具などにカビが生えたりします。人間は湿度に弱い生き物ですので、湿気の高いガレージというのは、そこにいるだけで元気を奪われてしまいかねません。

通常はそれほど湿気がないガレージハウスでも、梅雨の時期などは、かなり湿度が高くなることもあり、気づいたら錆びやカビが生じているというケースもあります。
湿気がこもりやすいガレージは、放置しておいてもその状態が改善されることはありません。湿気がこもるということは、それだけ建物も傷みやすいということですので、気になった段階で早めに手を打ちたいものです。

ガレージハウスの湿気対策

ガレージハウスのガレージは、換気しづらいのが湿気がたまりやすい最大の原因です。なので、できるだけ換気を行えるような環境を整えていくことが有効です。

一番効果が高いのは、ガレージ内に空気の通り道を作ることです。高所と低所の2か所に換気口を作り、ガレージ内に空気がこもらないようにすればかなり改善されます。
ガレージハウスの構造上、換気口が作りづらい場合、小さな窓を2つつけるという選択肢もあります。ただ、窓をつけると、そこが防犯上の弱点になってしまうため、その点は注意したいところです。

ガレージハウス内の換気対策としては、換気扇をつけるのも有効です。非常にシンプルではありますが、換気扇があれば湿気はかなり改善されますので、選択肢のひとつとして考えておきたいところ。
ガレージがそれなりに広い場合、ひとつだけではパワー不足となる可能性もあります。ガレージの広さを考慮して、設置する台数や位置なども考えていきましょう。

ガレージハウスによっては、窓や換気扇の設置が難しいケースがあります。その場合、除湿器やエアコンを活用するという手もあります。除湿器やエアコンを使えば電気代はかかりますが、不快な湿気をかなり取り除いてくれます。
オールシーズンで使わず、梅雨時など湿度が高くなりやすい時だけでも活用するようにするなど、臨機応変に使ってみる価値はあると言えるでしょう。