サーファーズハウス / ガレージハウス / アメリカンハウス

Home » ガレージハウス » おしゃれなガレージハウスに仕上げるためのコツ

おしゃれなガレージハウスに仕上げるためのコツ

趣味のアイテムをミックスさせて自分だけの空間を作っている人が多くいるように、ガレージハウスはインテリアに凝ることが大きな喜びではないでしょうか。ただ、どうすればおしゃれなガレージハウスになるのか、お悩みの方もおられることと思います。そこで、センスを感じさせるガレージハウスにするためのポイントをいくつか紹介しましょう。

ガレージハウスは自分の趣味の空間であることを意識する

ガレージハウスは単なる駐車スペースではありません。移動手段として必要であって、特別車に興味がないという人なら、わざわざガレージハウスにしようとは考えないでしょう。敷地内に駐車スペースを設置する方がはるかに安上がりですし、雨ざらしがイヤならカーポートもあります。

ガレージハウスは、いわば車やバイク好きの大人のための趣味の空間です。ですので、単に車の置き場所ではなく、いかに愛車をかっこよく見せるかを考えてデザインやレイアウトに凝るのが楽しみになります。また、車やバイクを家の中に招き入れるガレージハウスは、保管場所であると同時にショールームです。

おしゃれなガレージハウスにするための決まりはありません。言ってみれば、好きなように作ればよいということになりますが、忘れてはならないのが、ガレージハウスの主役は大切なあなたの車やバイクだということです。おしゃれなガレージハウスにするなら、車やバイクを中心にインテリアを考えましょう。

 

主役に合わせた雰囲気作りを心がける

車やバイク好きの方ならご存知のように、車やバイクは製造された時代や国によって独特の個性を持ちます。旧車なら旧車ならではの雰囲気を大切にしたいですし、アメ車ならガレージハウスもアメリカンスタイルにしたいものです。ですので、ガレージハウスのインテリアも、主役である車やバイクの雰囲気に合うものを選ぶことを心がけましょう。

愛車が製造されたのと同じ国で同じ時代に作られたアイテムを合わせれば、ガレージハウス全体に愛車を中心とした統一感が生まれます。また、バイクを主役にするなら、ジャケットやヘルメットなど一緒に飾るものも、同じバイクメーカーのものがあればそれを取り入れるのがおすすめです。

アイテム選びには情報収集も大切

ガレージハウスに飾るアイテムは、アンティークショップでも見つかります。暖炉などを設置すればさらにムードが高まるでしょう。予算が限られているのなら、道路標識、オイル缶、ネオンサインなど安くて気の利いたアイテムがネットで見つかりますので、中途半端に妥協せず、情報収集の段階からこだわってみてください。